クレジットカード現金化の仕組みと方法

後払いで現金化する5つの方法|無審査で即日換金(クレカ・Amazonギフト券・バンドルカード・NP後払いetc)

2020年4月2日

後払いで現金化する5つの方法|審査なしで即日換金(クレカ・amazonギフト券・バンドルカード・NP後払いetc)

管理人
管理人

こんにちわ「現金化の達人」管理人の黒田です。

今すぐお金が必要!

そんな時は後払いの仕組みによる現金化(モノをお金に変える)でお金を作る方法があります。

例えばクレジットカード現金化やAmazonギフト券の買取、後払いアプリ、携帯キャリア決済、各ネットショップの後払い決済を利用する方法です。

この記事では、後払いで現金化をする5つの方法や注意点について解説します。

【最新】NP後払い(通販の支払い方法)で換金する

【最新】NP後払い(通販の支払い方法)で換金する

NP後払いで購入した商品を買取業者で転売することで現金を用意することができます。

まずはNP後払いとは何なのかについて解説します。

NP後払いとは?

NP後払いとは、株式会社ネットプロテクションズが提供するサービスで、提携中のネットショップや通販サイトで利用できる後払い決済のシステムです。

各サイトの支払い方法で「NP後払い」を選択することで利用できます。

後日届く請求書で支払いをする

NP後払いは商品到着後または商品と同梱して送られる請求書で、コンビニや銀行、郵便局で支払います。

NP後払いのシステムを導入している企業は41,500社以上あるので、転売をする商品を購入するのに問題はありません。

ショッピングの際に「NP後払い」を選択

ショッピングの際に「NP後払い」を選択

各ショッピングサイトで支払い方法を選ぶ際に「NP後払い」を選択します。

NP後払いのサービスについて以下の公式サイトで詳しく解説しています。

NP後払いの紹介【株式会社ネットプロテクションズ】

上記サイトはNP後払いが使えるショップも紹介しています。

支払いは請求書の発行後14日以内

請求書の発行後14日以内であれば、いつでも支払いができます。

現金化目的で利用する人にとってはあまり期間が長くないのがデメリットなので、状況に応じた利用になります。

支払いはコンビニや郵便局、銀行、ラインペイで行います。

支払いが遅れた場合は、支払いが確認できるまで請求書が届くことになり、次回の利用ができなくなります。

参照:よくあるご質問|NP後払い公式サイト

後払いで即日現金化の4つの方法【無審査】

後払いで即日現金化の4つの方法【無審査】

後払いの仕組みで現金化をする方法として、次の4つを紹介します。

1 クレジットカード現金化 現金化業者で決済をしてキャッシュバックを受ける。または買った品を転売して現金化。
2 Aamazonギフト券の買取 Aamazonギフト券を業者に買い取ってもらう。
3 バンドルカード(後払いチャージができるアプリ) バンドルカードの「後払い」で買った品を転売して現金化。
4 携帯キャリア決済した品を換金 携帯キャリア決済で買った品を転売をして現金化。

上記5つの方法についてそれぞれ詳しく見てみましょう。

1.クレジットカード現金化

クレジットカード現金化は、クレジットカードで買い物をして、買った商品を転売することで、現金を手にする方法です。

クレジットカード現金化の方法について、細かく解説します。

現金化の専門業者が便利

クレジットカードの現金化サービスを専門とする業者を利用する方法があります。

業者からクレジットカードで買い物をし、買った金額の80~90%ほどのキャッシュバックを受けるという流れで、現金を手にすることができます。

カード会社に現金化がバレにくい

現金化業者で実際に買い物をする目的は、クレジットカードで買い物をしたという事実を作ることです。

現金化をしたことにはならないようにし、カード会社に現金化がバレないようにすることができます。

よって、取引される商品は形だけで、実際には何の価値もないものということになります。

安心の優良業者を選ぶのが大事

安心の優良業者を選ぶのが大事

現金化業者の中には、お金を騙し取る悪徳業者も存在するので、安心安全に現金化をするには、信頼のある優良業者を選ぶことが大事です。

悪徳業者を利用してしまったときの被害報告には、換金率が異常に低かったり、手続き後に現金が振り込まれないといったものがあります。

現金化業者を選ぶ際には、口コミ・評判を見てから考えると良いです。

優良業者と悪徳業者の見分け方や、オススメの優良業者についてはこちらの記事を参考にして下さい。

【クレジットカード現金化】安全な優良業者の見分け方

【クレジットカード現金化】マジで人気の大手優良店比較ランキング!安心なおすすめ業者を紹介

換金率の高いモノを転売する方法

現金化の専門業者とは別に、自分で商品を買って、転売をする方法もあります。

現金化を目的として商品を買うときは、換金率の高いものを選びましょう。

ブランドものやゲーム機を転売

例えば、時計や鞄、洋服などのブランドものや、ゲーム機は値崩れがしにくく、定価の80~90%ほどの金額で買い取ってくれるお店が多く存在します。

ブランドものであれば大黒屋やリサイクルショップといった買取業者、ゲーム機であればツタヤやゲオで買い取ってもらえます。

ただ、そのお店の品揃えや、流行の商品であるなど、いくつかの要因によっては換金率が50~90%といったように変動するので注意が必要です。

ネットオークション、フリマアプリで転売

ネットオークション、フリマアプリで転売

クレジットカードで買った商品を、ネットオークションやフリマアプリに出品して現金化をする方法もあります。

ネットオークションやフリマアプリに出品する場合は、買い手が見つかるまでに時間がかかる可能性があります。

しかし出品にかかる手数料が安く、業者に買い取ってもらうよりロス(損失)が少なくすることもできます。

ギフト券・金券類の現金化はバレやすい

ギフト券・金券類の現金化は、現金化をしたことがカード会社にバレやすいので、おすすめしません。

カード会社の規則違反

クレジットカードの現金化は、カード会社の規則で禁止されているグレーゾーン行為です。

カード会社はあなたの決済履歴を監視して、あなたが現金化のための買い物をしていないかチェックします。

ギフト券・金券類をカードで大量購入した結果、カード会社に現金化目的の買い物ではないかとだと認められると、カードの利用停止といったペナルティを受けることになります。

ギフト券・金券類はクレカ決済ができない

最近では現金化を防ぐ目的で、各種チケットや図書カードといった金券類は、クレジットカードで買えないお店も多いです。

ギフト券や金券類は換金率が高いという点では現金化に適した商品ですが、カード会社の監視を受けやすいことを覚えておきましょう。

2.Amazonギフト券の買取

2.Amazonギフト券の買取

もしあなたの手元に使う予定のないAmazonギフト券があれば、買い取ってくれる業者があります。

大手の買取業者なら換金率(買取率)90%前後

Amazonギフト券の買取業者の大手には買取ボブやギフトグレース、バイカなど多くの会社がありますが、90%前後の買取率となっています。

買取率は日々変動するので、各サイトでその日の買取率をチェックしてから申し込みもできます。

初めて利用する方であれば、キャンペーンを利用して通常よりも高く買い取ってもらえる業者も多いです。

WEB完結でスピード入金もできる

大手の買取業者であればWebの公式サイトから申込みをして、即日で指定口座への振込もしてもらえます。

来店不要なので、パソコン・スマホがあればどこにいても利用できます。

おすすめの会社の一つに買取ボブがありますが、利用の流れなど詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

買取ボブがおすすめの理由や口コミを紹介

買取ボブはamazonギフト券の他、iTunesカードやGooglePlay、楽天、nanacoのギフトカードを買い取ってもらうことも可能です。

3.バンドルカード(後払いチャージができるアプリ)

3.バンドルカード(後払いチャージができるアプリ)

バンドルカードとは、スマホのアプリでプリペイドカードのように現金をチャージして、買い物ができるバーチャルカードです。

VISAの加盟店で買い物をすることができ、バンドルカードアプリで買い物ができるのは、ネットショップのみとなります。

バンドルカードはスマホアプリ以外に、リアルカードもありますが、後払い現金化の方法として使えるのはアプリのみです。

バンドルカードアプリは後払いチャージが可能

バンドルカードアプリのチャージを「後払い」で行なうことで、手元に現金がなくてもチャージができ、すぐにネットでの買い物が可能になります。

あとはクレジットカード現金化の方法と同じく、換金率の高いものを購入し、転売するだけです。

バンドルカードの「後払い」チャージ機能のことを「ポチッとチャージ」といいます。

「ポチッとチャージ」でチャージできる金額は3,000~最高20,000円までとなっています。

簡単な「後払い」チャージであることに、お金を使いすぎてしまわないか不安になるところですが、チャージできる限度額が20,000円までと、防止策はとってあるので、それほどの心配はいらないでしょう。

「ポチッとチャージ」は手数料がかかる

「ポチッとチャージ」は手数料がかかる

後払いの「ポチッとチャージ」はチャージ金額に応じて、手数料がかかります。

手数料はチャージ額3,000~10,000円で500円、チャージ額10,001~20,000円で800円となります。

バンドルカードの「後払い」チャージで現金化をする際は、「ポチッとチャージ」の手数料と、転売するときの手数料がかかるというデメリットが発生します。

審査・年齢制限なしで利用できる

バンドルカードカードは審査なしで利用することができ、年齢制限なしで高校生でも使えます。

ただし、未成年がもつ場合は親権者の同意が必要です。

そのお手軽さゆえ、現金化をする方法の1つとしてもおすすめです。

4.携帯キャリア決済した品を換金

携帯キャリア決済も「後払い」でネットショッピングができるので、商品の現金化が可能です。

ネットショッピングの支払いは、後で支払う携帯料金と一緒に請求されます。

携帯キャリア決済の利用限度額は、その会社の利用年数や、過去の利用料の支払い状況によって個別に決められます。

忘れてはならないのは、携帯キャリア決済による現金化も、ケータイ会社によって禁止されたグレーゾーン行為であることです。

現金化がバレると、携帯・スマホの利用が停止になる恐れもあります。

後払いシステム導入の最新ショップも増えている

後払いシステム導入の最新ショップも増えている

ここまで後払いシステムを利用した現金化方法を5つ紹介しましたが、「後払いシステム」を導入している最新ネットショップが増えていることにも注目です。

上記の大手ネットショップでは後払いで商品を購入できるので、お金がない時でも買い物ができます。

前述の方法のようにクレジットカードやAmazonギフト券、バンドルカードなどの用意がなくても、現金化が可能なのです。

現金化目的の場合は換金率の高いモノを選ぶこともお忘れなく。

今後も後払いシステムを導入する通販サイトは増えていく可能性は十分あるので、後払いで現金化をする方法の選択肢が広がっていくでしょう。

後払い現金化の注意点

後払い現金化の注意点

現金化は違法性のあるグレーゾーン行為

クレジットカード現金化や携帯キャリア決済など、決済方法が「後払い」である仕組みを利用して、モノを現金化することは違法性のあるグレーゾーン行為です。

しかし現金化は違法ではないため、法律で罰せられることはありません。

リスクとして考えられるのが、現金化がカード会社やケータイ会社にバレて、カードやスマホの利用が停止されたり、利用中の金額の一括返済を求められるなどのペナルティを受けることです。

ギフト券や図書カードといった金券類を、クレジットカードで大量購入するなどの行為は、現金化の可能性が高いとして、カード会社が監視していることもあるので、注意が必要です。

クレジットカードの現金化の違法性は?デメリットを解説

返済プランをしっかり立てる

後払い現金化は、簡単に現金を作れると錯覚してしまいそうですが、必ず後で返済をしなければなりません。

目の前に迫ったピンチをしのぐことだけでなく、あとに残る返済のことも頭に入れておきましょう。

審査なしで現金が手に入る分、カードローンでかかる利息に比べ、はるかに高い手数料を払わなければいけないケースが多々あります。

悪徳業者を利用しない

クレジットカード現金化の専門業者の中には悪徳業者も存在するので、業者選びは重要です。

悪徳業者にひっかかると、お金を騙し取られるという詐欺にあったり、あなたの個人情報を悪用されるなどの被害に合います。

現金化の専門業者を利用することは一番確実な方法ですが、安全な優良業者と悪徳業者の見分け方を知っておいたほうが良いでしょう。

安全な優良業者の見分け方

まとめ

クレジットカード・バンドルカード・携帯キャリア決済の3つによる、後払いでの現金化について解説しました。

後払いによる現金化を安全に行なうポイント、注意点を確認して、あなたの生活に有効活用して下さい。

-クレジットカード現金化の仕組みと方法

Copyright© 現金化の達人 , 2020 All Rights Reserved.